マンション売却をして注文住宅を購入するメリットは

注文住宅なら自分の理想通りの家を手に入れられる
ただマンションを売るだけではないのか
二世帯住宅での生活を快適にするためには

夢の一戸建て住宅を手に入れる

最近では、今住んでいるマンション売却をして戸建て住宅を購入する人が増えています。ここでは、マンション売却をしてまで購入したくなる注文住宅の魅力を紹介するので、新しい住宅に住みたいという人は参考にしてみてください。

近年人気が高まっている注文住宅

注文住宅の魅力は、自分の好みの部屋にオーダーメイドできる所です。様々な住宅がありますが、人によっては自分のイメージと異なるという人が多く、部屋探しで迷ってしまいます。注文住宅なら自由に部屋の間取りや雰囲気などにこだわった住宅を作れますから、住みたいと思える住宅を作れるのです。積水ハウスでは耐震性に優れた住宅や、室内を明るくしてキッチンは広々と使いやすいなどの要望通りの住宅にできると高い評判を得ているのだとか。

マンション売却をして注文住宅を買う流れ

家族構成やライフスタイルは家庭によって異なるため、それに合わせた住宅を選ぶ必要があります。注文住宅ならその家庭にピッタリな住宅設計ができますし、趣味に合わせることも可能です。

一戸建て住宅のメリットとは

資産価値が高い
一戸建ては住宅だけでなく、その土地も自分の資産となります。マンションは敷地が狭く土地の持ち分はあっても、簡単に使用できないので建物だけが資産になります。ですが、一戸建てを購入すれば土地も一緒に付いてきます。時間が経って住宅が劣化しても土地の価値は変わりませんから、住宅を購入したほうが資産価値としてはお得です。
管理費などがかからない
一戸建ては入居している人が管理をするため、管理会社へ管理費を支払う必要はありません。修繕積立金も必要ないため毎月の出費はないです。マンションの管理形態によっては、管理費などの諸経費は3万円ほど発生します。
長く住み続けることができる
一戸建ては、経年劣化によって住みづらく感じればリフォームできます。個人の所有している住宅ですから、建て替えも自由に行なって問題ありません。子供の成長や生活スタイルの変化によって対応できるため、長期的に住み続けられるのです。

実際に注文住宅に住んでいる人の声

耐震性能に重きをおいてオーダーしました(40代/男性)

地震が起きても大丈夫なように、耐震性能を重視した注文住宅を依頼しました。積水ハウスでは、耐震性にこだわった注文住宅を建築できるという評判がありそれで選んだのです。耐震性を高めるために、複雑な鉄骨の組み方をしてくれました。その注文住宅に住み始めてから、大きな地震があった際も外壁や土台にはヒビはなくキズつくことはなかったです。日本は地震が起こりやすいので、このような耐震性能に優れた住宅に暮らすことができて安心しています。

子どもの事も考えマンションから注文住宅に乗り換えました(40代/男性)

今まではマンションに住んでいましたが、子供が暮らしやすいように注文住宅を購入しました。小さい子供は家の中を走り回ったり大きな声をだしたりするため、近所迷惑になってしまうのが気になっていました。子供を静かに生活させるのは大変だと思い、マンション売却を決意して注文住宅を選びました。注文住宅なら子供が遊んでも大丈夫なように、広いリビングにすることができるし、防音効果の高い壁を使用したので、近所に迷惑をかけないようにできて満足です。

限られた予算の中で暮らしやすい住宅が設計できた(50代/男性)

マンション売却をして住宅を購入しようと思ったけど、売却益が少なく希望している住宅を購入できなかったです。購入のための予算では、住んでみたいと思える物件がありませんでした。その時に、注文住宅なら予算に合わせた住宅を建築できるということを知り、工務店で相談してみたのです。畳部屋の床下や階段下を収納スペースとして利用すれば、収納部屋をなくすことができ予算を抑えられました。様々なアレンジを行ない、予算が少なくても満足のいく部屋に住めることができて良かったです。

ライフスタイルに適した住宅の在り方

住宅

快適な生活を送れるように、二世帯住宅などのライフスタイルに適した注文住宅にする必要があります。ここでは、それぞれのライフスタイルに適している住宅の形を紹介するので、注文住宅を選ぶ際の参考にしてください。

二世帯住宅の場合

全部共用タイプ
寝室以外は、他の部屋を全て二世帯で使用する住宅を全部共用タイプといいます。親世帯と子供が一緒に生活することで、交流ができるだけでなく家事や育児も一緒に行なえます。
部分共用タイプ
部分共用タイプという住宅では、リビングや寝室などを分けて、玄関や浴室などを共有します。世帯別のプライバシーを守りながら、一緒に生活することが可能です。
独立タイプ
同じ住宅でありながら、玄関とキッチン、トイレなどの水回りを分けるのが独立タイプです。生活リズムが異なる場合は、一緒に生活すると不便に思うことがあります。独立タイプなら不便な思いはせず、それぞれに合わせた生活ができます。
建物分離タイプ
建物分離タイプの場合は、同じ土地に2つの住宅を建てて別々に暮らします。お互いが自立した生活を送ることができ、距離も近いため問題があればすぐに駆けつけることが可能です。

子育て家族の場合

リビング
リビングは広く、子供達がそこに居たいと思えるような設計が大事です。あちこち動き回ると育児が大変になりますが、ずっとリビングにいれば負担は軽減できます。キッチンからリビングを見渡せるような住宅なら子育てに最適です。
子ども部屋
子供が数人いる家庭なら、兄弟で1つの部屋を使用します。同じ部屋でも大丈夫なように、広い部屋にしたほうがいいです。また、成長すると個室を欲しいと思うようになります。子供部屋には2つのドアを設置して、壁で仕切って個室にできるような部屋を作りましょう。
導線設計
母親は料理や洗濯など、多くの家事をこなさないといけません。家事の負担を軽減するためにも、水回りを近くに集めるよう導線設計をしましょう。近くにあれば移動も楽ですし、子供がトイレでトラブルを起こしてもすぐに駆けつけられます。
ウッドデッキ
庭で遊ぶよりも、ウッドデッキの上で遊ばせたほうがいいです。庭で転んで怪我するよりも、木の上なら怪我をする危険性も低く安心できます。リビングに近ければ、遊んでいる様子も見られるので家事に集中できるでしょう。

家族構成やライフスタイルは家庭によって異なるため、それに合わせた住宅を選ぶ必要があります。注文住宅ならその家庭にピッタリな住宅設計ができますし、趣味に合わせることも可能です。

TOPボタン